むくみの原因は何?解消に酵素がいいらしいけど効果は?

一日仕事をすると
帰りには足がパンパンなんてこと
よくありますよね。

私はお風呂上がりにマッサージを
しますが、それだけでは
完全に解消できません。

 

女性の悩みのひとつ
むくみはどうして起こるのか。
そしてどのようにしたら
解消できるのかまとめてみました!

むくみの根本的原因はコレ!

一般的に言われている
むくみの原因は以下のようなものが
あります。

塩分の取りすぎ

ナトリウムは水分を多く取り込む性質があるので
余分な塩分と水分を摂取すると
体液(血液)が増え、血管内の水分が
増えすぎてしまいます。

 

その結果血管が押し広げられ
血圧があがり、毛細血管から
水分が染み出しむくみが起こってしまいます。

座りっぱなしや立ちっぱなし

一番むくみを感じやすいのは
ふくらはぎという方も
多いのではないでしょうか?

 

ふくらはぎには全身に血液を送り返す
ポンプの働きをする機能が
あり、これによって余分な水分や
老廃物などを排泄してくれます。
しかしずっと立ちっぱなしで
いるとその疲労によって足の
筋肉が硬直してしまい
ポンプ機能も弱まってしまうため
血管からどんどん水分が
染み出してしまいむくみが生じるのです。

 

また、立ちっぱなしだけではなく
座りっぱなしもむくみの原因に
なりがちです。

 

これはずっと座っていると
ふくらはぎの筋肉を使う機会も
減り同様に血液が足に溜まり
むくみに繋がります。

冷えや血行不良・新陳代謝の低下

冷えによって血行不良や
新陳代謝の低下が起こり
血管にあるリンパの働きが悪くなります。

 

そうなると身体の水分の循環が
うまくいかずむくみに繋がると言われています。

 

ビタミン・ミネラル・タンパク質の不足

先ほど塩分の取りすぎはむくみの
原因になると言いましたが
ナトリウムも不足し過ぎると
またこれもむくんでしまう可能性があります。

 

血液中にはたくさんのタンパク質が含まれていて
自律神経によって一定の濃度に
保たれています。

 

タンパク質も足りないと
自律神経が血液中のタンパク質の
濃度を一定に保とうとするので
血液中の水分が血管外にでてしまい
むくみに繋がります。

 

むくみに特に関係のある
ビタミンB1が欠乏すると
タンパク質の合成がうまくいかず
こちらも他同様むくみの原因になります。

病気や薬の影響

病気や薬の副作用で
むくむ場合もあります。
むくみから想像される病気は
腎臓病がナンバーワンです。
重症の腎臓病の方は
尿がほとんどでないのに
普通に飲食すれば
身体に水分が貯まるのは
当然です。

酵素がむくみにいい理由

むくみの解消には
様々なことがいいとされています。

ふくらはぎを強めに
マッサージするのも痛気持ちいいですよね。

しっかりとほぐしてあげることで
滞っていた血液やリンパが
流れ、老廃物が取り除かれます。

 

むくみに特にいいと
言われているのが酵素です。

 

酵素は代謝を上げてくれるので
循環機能もしっかり働いて
体内の余分の塩分や水分を
体外に出しやすくしてくれます。

 

つまり酵素を取り入れることで
老廃物を排泄しやすい
身体になります。

 

その結果むくみにくくなっていくのです。
酵素をとってさらにマッサージすると
相乗効果でどんどんふくらはぎも
細くなっていくことでしょう☆

酵素を手軽に取り入れるのには
酵素ドリンクをオススメします。

私が飲んでいるベルタ酵素については
こちらの記事を参考にしてみてくださいね☆
→ベルタ酵素がオススメな理由5つ!ダイエット以外にどんな効果があるの?

まとめ

むくみとひとえに言っても
さまざまな原因があるのですね。

人それぞれ原因は違えど
解消法はみなさん一様に
試してみる価値ありかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です