前立腺がんの症状で痛み・腰痛はある?転移する可能性は

がんとは、日本人の中で最も死亡率が高い病気だと、自分は思っております。

摘出で治れば良いのですが、摘出不可能な部位の転移及び全身の転移が確認されれば、もはや絶望的で、死を待つ他ありません。

七つの願い玉を集めれば、と思ってるかもしれませんが、たった一人の人間より地球に住まう人類のために使用したいと思っております。

この記事は、前立腺がんについての情報をまとめました。

前立腺がんとは?

saibou_gan_cancer

前立腺とは、男性の精液を作り出している臓器で、恥骨の裏側に位置する栗の実の形をしています。

女性はその臓器を持っていませんので、男性のみが持つ臓器でもあります。

前立腺がんとは、前立腺の細胞が異常をきたし、細胞増殖機能が失われ、がんの細胞が無限に増殖することと言います。

年齢とともに増加傾向にあり、特に65歳以上の高齢者が多く見られます。

また、早期に発見できれば、手術や放射線治療などで治療することが可能です。

がんの進行がゆっくりであることが多く、適切に対処することができれば、100%ではないが完治する可能性が大きいです。

完治しても、リハビリなどを経て、人並みの生活を送ることができます。

また、原発事故によって放射能汚染などが原因で、前立腺がんが発生することがあります。

前立腺がんの症状

img02

前立腺がんを患って、早期の場合は特に症状が見られません。

しかし、尿が出にくい、切れが悪い、すっきりしない。夜のトイレの回数が多い、尿漏れなどが見られることがあります。

進行すると、上記の症状及び、血尿と腰痛の発症が見られます。

なぜ腰痛なのかというと、骨にも転移し、それによって腰痛が発症することもあります。

また、肺の転移がきっかけで発見されることもたまにあります。

最近は、自分はがんを患っているのではないかと疑って、人間ドックで血液検査などを受けている人は増えてています。

人間ドックを受けたい場合は、事前に病院に問い合わせてみると良いでしょう。

前立腺がんの転移する可能性

medical_kagaku_ryouhou

がんですので十分ありえます。

主な転移先は、隣接している性能と骨及びリンパ節です。

骨に転移した場合、腰痛など骨に見られる様々な症状が出て、骨折なども多くなります。

具体的に言えば、背骨、肋骨、骨盤などへの転移が多いと言われております。

骨に次いで高い可能性があるのは、リンパ節の転移です。

リンパ節の転移が進めば進むほど、下肢のむくみ、下半身麻痺が起こる可能性があります。

前立腺がんの治療法

roujin_xsen_chiryou

がんなので、がんに対応した治療法が最適です。

一般的に思いつく治療法と言えば、摘出手術、放射線治療、抗がん剤の投与という化学療法、この三つが挙げられます。

その他に様々な治療法が存在しますが、やはりこの三つの治療法が思い浮かべるでしょう。

早期に発見できれば幸いでしょう。

膀胱がん

l_02

前立腺と同じく関わる男性器なので、少々ご説明いたします。

膀胱とは、腎臓で作られた尿を一時的に溜めておく、いわば貯め袋の役割を持ちます。

膀胱がんとは、膀胱にがんが発生した症状でありますが、三つのタイプのがんがあります。

表在性膀胱がん、浸潤性膀胱がん、上皮内がんの三つです。

この三つによって、治療法がそれぞれ異なってきますが、共通する点としては、抗がん剤の投与、摘出手術、放射線治療でしょう。

膀胱がんにかかる確率は、年齢を重ねていくごとに増加しており、高齢者が多いと言われております。

早期に発見できれば、容易に治療が可能です。

まとめ

parkinson1-thumbnail2

いかがでしょうか?

がんが全身に回れば、もはや助からない状態に陥ります。

そのため、人間ドックなどで検査を受けて、早期に発見することが大切です。

現実的なお話をしますが、十分な費用があれば、検査を受けるだけでなく、それに応じた保険に加入することが大切です。

安いからと言って、テレビやネットなどを通じて加入するのはオススメできません。

多少高くても、普段からお世話になっている、近隣の保険を扱った会社の加入をオススメいたします。

以上が、前立腺がんについてでした。