田吾作(札幌)蝦夷鹿肉の概念が変わる創作居酒屋!安いのに新鮮で通いたくなるお店

ここは私の聖地といっても過言ではないお店ですw

近くにあったら毎日通うであろう全てのクウォリティがハンパないお店!





旬菜だいにんぐ田吾作

居酒屋

011-512-0539

北海道札幌市中央区南十七条西17-2-12

西線16条駅から346m

17:00~23:00

夜10時以降入店可

 

居酒屋さんなのですが、私はほとんど鹿肉ばっかり食べに行っています。

あ、そんなこともないか。

とにかくこのお店ではいつも大食いの本領を発揮してしまい、

マスターの大久保さんに「まだ食べるの?笑」と言われる始末ですw

 

大久保さんは猟銃免許を持っているので、

自分で鹿を倒して解体しお店に出しています。

なので新鮮でリーズナブル!



 

薄切りの蝦夷鹿ネギ焼きは、鹿肉はもちろんのこと

ネギダレがおいしすぎる!!!

これだけでご飯10杯いける味です(^^)

image image imageimage

そして私が大好きな厚切り♪

分厚い塊をはさみでカットします。

image image image imageimage

 

あーもうこの記事書いてる間にも行きたい病が発症していますw

鹿肉はまったく癖がなく柔らかいので、食べた人はみんな衝撃を受けています。

鹿肉って硬くて癖のあるイメージですが、その概念を覆されますよΣ(゜0゜)

 

ほかに鹿のしゃぶしゃぶ、タン焼き、タタキ、すねのシチューなど、

自分が鹿になるんじゃないかってくらい蝦夷鹿を堪能できます!

ちなみに私は馬肉も好きです。

なので馬鹿なんですねw

image image

大久保さんはいろんなこだわりを持った方なので、なんでも自分でやっちゃいます。

山菜を採りに行ったり、わかさぎを釣りに行ったり、燻製を作ったり・・・

なのですべてのお料理がおいしいんです!

鹿肉以外でオススメなのは、ネギチーズ焼きとチー玉焼き。

あといぶりがっこと厚切りベーコンの天ぷら。

ってオススメいっぱいありすぎる(゜■゜;)笑

imageimageimage

鹿肉は11月~3月くらいまで食べられるみたいです。

田吾作さんに行って、やたら食べてるやつがいたら私かもしれません(笑)