酵素とは何?気になる効果やドリンクの作り方と飲み方!

ここ数年で一気に話題になった
『酵素』。

身体にいいのはなんとなく
分かりますが
そもそも酵素って何なんでしょうか?

数多くの酵素ドリンクが
販売されていますが
実は意外と簡単にできるんです^^
酵素に期待される効果も
あわせてご紹介したいと思います。

酵素についてと効果は

酵素は大きく分けて3種類あります。
消化酵素・代謝酵素・食物酵素です。

消化酵素はよく聞きなれていました^^

 

酵素は食べたものを消化するだけではなく
息をしたり体を動かしたりするのにも
関わっています。

 

 
酵素がなければ人間は生きられません。
ビタミンやミネラルを体内に

取り入れたほうがいい理由も
酵素の働きを助けるからと
言われています。

 

酵素は優先的に消化酵素として
使われます。
なので暴飲暴食をした際は
たくさんの酵素が消化に使われてしまい
代謝に回す酵素がなくなって
体調不良や病気に繋がりやすいと
言われています。

 

酵素不足を防ぐために
体外から取り入れる酵素が
食物酵素です。

 

酵素は材料がタンパク質なので
熱に弱く50~70℃以上になると
蛋白が変成して酵素ではなくなってしまいます。

なのでいくら酵素が多いですよ~と
言われている食品でも
加熱してしまうとなくなってしまうのです。

 

酵素は生の食べ物に入っている

酵素は新鮮な生の
食べ物に入っています。

果物、生の肉、魚、生野菜には
酵素があります。

他には発酵食品(味噌や納豆)など
にも多く酵素が含まれています。

これらの食品に含まれるものを
食物酵素と言います。

食物酵素の効果は

積極的に生の食べ物や
発酵食品を取り入れると
どういった効果があるのでしょうか?

 

外から酵素を取り入れることによって
消化以外に使える酵素が増えて
代謝が上がると言われています。

 

他には血液をサラサラにしたり
免疫力もアップ、
便秘も解消されやすいと
言われています。

酵素ドリンクの作り方

多種多様ある酵素ドリンクや
サプリメントを
購入して取り入れるのも
アリですが、実は手軽に
手作りすることもできるのです☆

簡単な作り方をご紹介いたします。

手作り酵素ドリンク

①果物や野菜で無農薬の
好きな材料を選ぶ

②材料を水洗いする
農薬が心配であれば
重曹をボールに小さじ1ほど入れ
30秒~1分つけ、水で洗います。

③野菜や果物など皮がついたまま
3~5㎝程度に細かく切る。
細かいほど発酵が早くなる。

④材料と上白糖を1:1.1で
砂糖→材料と交互に保存容器に入れる。
最後も砂糖でふたをする。

酵素は生きているので
容器は完全に密閉しないようにしましょう。

 

こんなに砂糖を入れるの?と
驚く方もいるかもしれませんが
発酵の過程で砂糖が
分解されるので糖分を取りすぎる
心配はありません。

⑤日光のあたらない暖かい場所に
おいて発酵させる。
冬はタオルなどを巻いて冷えないようにする。

⑥毎日2回手でかき混ぜる。
これは手の常在菌が
発酵を促進してくれるからです。
しかしばい菌は入らないように
手を清潔にしてから混ぜましょう。

⑦発酵終了
小さな泡がぷくぷくでてきたら完成。
1~2週間を目安に様子を見ましょう。

⑧濾す
ガーゼやキッチンペーパーで
ゆっくりと濾す。
完成したドリンクは
冷蔵庫で保管しましょう。

この時も酵素は生きているので
蓋はゆるめにしましょう。

 

 

美味しい飲み方

単純にお水で割るだけでなく
美味しい飲み方がいくつか
あるので試してみて下さい☆

・炭酸割り
・紅茶やハーブティー割
・豆乳割り

中でもオススメは豆乳割り☆
ヨーグルトのように
ドロドロしてきます。

食べ応えもあるので
酵素ダイエットとして
ファスティング(断食)するかたには
満足感のある飲み方です。

まとめ

意外と知られていない酵素の
パワー。
知れば知るほど酵素って
本当に人間の体に必要なものだと
感じます。

まさに万能の薬になる日も
近いかもしれませんね^^