頭が痛い!頭痛は何かの病気の前兆?考えられる病気はコレ

人生で避けて通れないのが頭痛です。

風邪をひいて発熱し、頭が痛いということがよくありますね。

しかし、それが頭痛の原因とは限りません。

この記事は頭痛に関する情報及び、その原因について、まとめてみました。

本来の頭痛とはなにか

yjimage

表面からではなく内面から痛みを発する症状です。

頭痛とはいえ、様々な種類があり、ただの軽い症状でもあれば、ときとして致命的疾患もあり、原因が特定できないことが多く、原因は様々ですが、基本的には、血液中のある物質の炎症反応とも言われております。

頭痛が発生したら、何らかの病気の兆候だと疑う

風邪によって発生される頭痛と言いますが、風邪が治っても頭痛が治まらなかったら、脳の中に異常が発生していると考えても良いでしょう。

現在、確認されている原因は七つあります。

血管拡張、精神・筋の緊張、牽引性、炎症性、神経痛、関連痛、頭痛の誘因となりうる食品。

もし、頭痛が発生したら、安易な素人判断せず、最悪の事態になる前に、脳外科医など専門医に相談することをオススメいたします。

考えられる病気

catch-197

くも膜下出血、髄膜炎、脳出血の三つのうちのどれかである。脳腫瘍も放置すれば死に至るが、緊急度では、その三つに及ばず、摘出手術すれば、回復の見込みがあります。

しかし、摘出しやすい位置に腫瘍があれば、問題なく摘出することができますが、脳の奥深いところに腫瘍ができたら、ベテランの脳外科医でさえ、摘出するのが難しいと言われています。

全部摘出できれば良いのですが、脳はある意味、心臓より大事な臓器。

例えるなら、心臓は全身に血液を送るためのポンプで、脳は血液という燃料によって動く稼働エンジンと言ったところでしょう。

病だけでなくストレスが原因で頭痛になることがあります。

身体的ストレスと精神的ストレスというものがあります。

身体的ストレスの場合、その原因は無理な姿勢、合わない枕、目の酷使など多々あります。

目や肩にストレスが集中してかかると、血行不全となって肩こりが起こり、疲労物質というものがたまると周囲の神経を刺激して、頭痛を引き起こすといわれています。

デスクワークなどで長時間、仕事をしている人などによく見られます。

一方、精神的ストレスとは、心配事、不安、悩みなどを抱えることなど、精神的な負担にかかって発生されることを言います。

そうなると、自律神経が働かなくなり、身体的なダメージがなくても、頭痛を訴えることがあります。

人間の性格に左右される精神的ストレスは、几帳面、律儀、繊細、真面目な人ほど現れやすいと言われております。

治療と予防の方法

a0055_000237

頭痛の治療と言えば、やはり薬の服用が思い浮かぶでしょう。

軽い頭痛であれば、ドラッグストアなどで販売されている市販薬で十分だと思う人はいるでしょう。

市販薬の副作用を恐れているのなら、脳外科医がいる病院か診療所に足を運ぶのも良いでしょう。

薬で治る頭痛もあれば、外科的な手術が必要な頭痛というものも存在します。

場合によっては、自然に治ることもあります。

根本的な解決とは言えないかもしれませんが、予防方法というものがあります。

予防方法と言えば、やはりストレスをため込まず、早寝、早起き、栄養バランスを整えた食事など、規則正しい生活を心がけることです。

食事についてですが、一日に二回、納豆を含む食事を取ることをオススメいたします。

メリットも多く、栄養素が豊富で、納豆だけで栄養は十分確保できるとも言われております。

なぜ一日に二回かというと、それ以上に多く食べると、痛風や肥満になると噂されているからです。

しかし、一日に三回食べる人はほとんどいないので、その心配はないでしょう。

そして血行の流れを改善し維持すること。

血液が脳に行き届かなければ、貧血が起きて倒れ、最悪、意識不明の重体となって帰らぬ人となる恐れがあります。

血液採取で、注射が痛いのはわかりますが、命には変えられないので、余裕があれば受けてみてください。